メニュー

お問い合わせはこちら

データクリーンサービス

データを消したと思い込んでいませんか?

リスク サービスの特長 消去方法
導入実績 価格 実施の流れ

動画の再生はこちら

パソコンやサーバの廃棄時は確実にデータを消去したいものです。しかし、ファイルの削除やディスクフォーマットでは、データを完全に削除することはできません。

大丈夫ですか?
サーバー置き換え後の情報漏えい

よく使われるこの方法、実はNGです!

ファイルの削除とは

データをゴミ箱に入れても、ゴミ箱を空にしてもデータは消えていません。ハードディスクをフォーマット(初期化)しても、データは完全に消えているわけではないのです。なぜなのでしょうか。これはハードディスクの内部構造を見てみるとわかります。
ハードディスクは、実際にデータが保存される場所とファイルの位置やファイル名、容量などの情報を管理しているインデックス部分に分かれています。ゴミ箱を空にする、ファイルの削除はファイルの位置情報を消去することを意味し、本体データは残ったまま。同様にフォーマット(初期化)は、ファイルの位置情報と管理情報を消去するだけで、やはり本体データは残ったままなのです。

NPO日本ネットワークセキュリティ協会の調査によると、2013年度の情報漏えい事故の約29%は不適切な廃棄。消去したつもりでも、機密情報や個人情報が残っており、流失してしまうケースが多いのです。お客さまは大丈夫ですか?

情報漏えいを防ぐには、ハードディスク全領域のデータを完全に消去する必要があります。しかし、そのためには専用のツールを用意しなければならない上、データ消去には時間も必要。台数が増えるほどデータ消去にかかる時間は膨大となり、担当者の負荷も増大します

パソコン、サーバそれぞれの専用消去ツールを駆使してハードディスク、SSDの全領域を消去します。

高度な技術力をもつ専任のスペシャリストがすべて作業を代行。 お客さまの負担は一切なく本来業務に注力できます。

お客さま先まで伺い目前でデータ消去を行います。データが確実に消去されたことを証明する証明書も発行します。※証明書は後日郵送になります。

全国に広がる約400の拠点から駆付け、お客さま先でのデータ消去。出張費用や時間のロスもありません。

そんな課題を
スムーズに解決するのが
私たちのデータクリーンサービスです。

目的に合わせて、3つの消去方式を選べます

目的に合わせて、
3つの消去方式を選べます

当社指定の専用消去ツールを使い、ハードディスクの全領域を上書きすることで消去を行います。1回上書き消去からNSA(米国家安全保障局)推奨方式、DoD(米国防総省)準拠方式などさまざまな消去方式に対応します。

※SSDはセキュア消去もしくは弊社指定
 回数を上書きします。

強力な磁気をハードディスクにあて、一瞬で記録部分の磁気を全て並び替えることで、データ消去を行います。メディアの再利用はできません。

専用装置でハードディスク、SSDの記録部分を加圧変形します。処理後、ハードディスクの読み取りは不可能になります。メディアの再利用はできません。

全国約400の拠点の最寄りからお客さま先に伺い、目の前でデータ消去を行います。ご要望に応じて弊社拠点に持ち込みいただく持ち込みサービスにも対応しています。

消去作業に対して、確実なデータ消去の証しとなる証明書を発行しています。
※物理破壊は証明書発行には対応しておりません。

データ消去の方法

NSA(米国家安全保障局)推奨方式、DoD(米国防総省)準拠方式など、確実な上書き消去、強力な磁界を発生させ一瞬で磁気を破壊する
消去、ハードディスクのプラッターを加圧変形させる物理破壊など、多彩な方式をご用意。お客さまの目の前でデータを完全に消去します。

1 信頼性の高い方式で上書き消去

専用消去ツールにハードディスクを接続し、無意味なデータを書き込むことで消去します。ハードディスクに直接データを書き込むので高速消去が可能。SCSIディスクに加え、SAS、SATA、ATA、FCディスクに対応。NSA(米国家安全保障局)で推奨されている、各クラスタに乱数を2回書き込んだ後に0(ゼロ)を1回上書きする消去方式や最初に各クラスタに固定値1(0xff)を書き込み、次に固定値2(0x77)で上書きし、最後に乱数で上書きした後に書き込み検証を行うDoD(米国防総省)準拠方式を採用することもできます。

2 磁気方向を強制的に変化させる磁気破壊

強力な磁界を発生させることで、記録媒体の全磁性体の磁化方向を強制的に変化させ、磁気情報を読み出せないようにします。水平及び垂直磁気記録方式のハードディスクにも対応。データ消去時間は十数秒程度。AIT、FD、DDS/DATなどの磁気メディアも消去可能です。

3 プラッターの加圧変形で強制物理破壊

ハードディスク本体は非常に硬い金属・ガラスで構成されており、ハンマーなどで破壊するのが難しく、欠片も飛び散るため非常に危険です。物理破壊装置の使用でハードディスクのプラッター(記憶部分)をテーバーシャフトで安全・スピーディに加圧変形します。1玉当たり数秒の高速破壊が可能。2.5インチ、3.5インチに対応、ハードディスク以外にもDVD、CD、Zip、MO、FD、携帯電話も破壊可能です。

具体的な検討段階でなくても構いません。お気軽にお問い合わせください

お問い合わせはこちら

データクリーンサービスの見積依頼はこちら

データ消去の豊富な実績が信頼の証しです

データ消去の豊富な実績が
信頼の証しです。

商号 NECフィールディング株式会社
(英文:NEC Fielding,Ltd.)
本社所在地 東京都港区三田一丁目4番28号 (三田国際ビル)
資本金 96億7,010万円
代表者 代表取締役 執行役員社長 中江 靖之
売上高 単体:1,696億94百万円(2015年度実績)
連結:1,746億87百万円(2015年度実績)
従業員数 単体:5,076名(2016年3月末)
連結:5,780名(2016年3月末)
拠点数 国内:単体:374ヵ所(2016年3月末)
国内:連結:403ヵ所(2016年3月末)
海外:2ヵ国 11ヵ所
拠点一覧はこちら

ハードウェア1台から対応します

本サイトよりお気軽にお問い合わせください。

担当者がお客さまのもとにお伺いし
ご要望をお聞きします。

お聞きしたご要望に応じて
スケジュールとお見積りをご提案。

お客さま先に伺いご要望の消去方式で
確実なデータ消去を実行。

お問い合せからデータ消去まで
すみやかに行います

安心・確実なデータ消去をお望みなら、今すぐ!

お見積をご希望の方は専用フォームからどうぞ! お見積依頼はこちら

NECフィールディングはお客様のビジネスを支援するITシステムの設計・構築からその後の運用・管理・保守までを幅広くサポート!
全国約400ヵ所にサービス拠点を構え、24時間365日サービス提供が可能です。ITシステム(ビジネス)のことなら50年以上の保守実績を持つNECフィールディングまでご相談ください。

Copyright © NEC Fielding, Ltd, 2017. All rights reserved.