メニュー

標的型攻撃メール対応訓練サービス

擬似的な標的型攻撃メールを送り、
だましの手口を実体験。
添付メールの危険性を
印象的に伝え、注意喚起

促します。

01 私たちの強み

02 標的型攻撃メールとは

03 サービスイメージ

04 NECフィールディングで実現!

お問い合わせはコチラ
↓

セキュリティ

標的型攻撃メール対応訓練サービス

擬似的な標的型攻撃メールを送り、だましの手口を実体験。
添付メールの危険性を印象的に伝え、注意喚起を促します。

標的型攻撃メール対応訓練サービス

ふいに疑似的な標的型攻撃メールを従業員に送信し、その添付ファイル(無害)の開封状況を報告。訓練実施後は、従業員の方々に種明かしと注意喚起を行っていただき訓練効果の定着を図ります。

私たちの強み

  • ●標的型攻撃メールを常に警戒するよう、擬似体験による訓練を実施
  • ●メール開封状況と標的型攻撃メール対応のポイントについて報告します

Subject-----こんな課題を抱えていませんか?

  • 標的型攻撃メールの恐ろしさを社員が認識してくれない
  • 迷惑メールが増えているが、その中に脅威もあるか不安
  • ウイルスソフトを入れているので安心だと思っている
    社員が多い
 
  • 危険な添付ファイルかどうか識別できない
  • 通常の業務に影響するような訓練は困る
↓

Solution-----私たちにおまかせください!

標的型攻撃メールの実態を知らなければ、高い確率でメールを開封してしまいます。まずは、だましのメールに気づくこと。 擬似体験による訓練で、標的型攻撃メールがいかに簡単に開封されてしまうか体験してもらいます。

標的型攻撃メールとは

特定の組織を狙い、ウイルスなどを感染させるメール攻撃。近年被害件数が急増しています。

標的型攻撃とは、特定の組織を狙って機密情報や知的財産、アカウント情報などを窃取する、あるいはシステム停止等を引き起こして業務を妨害する攻撃のことをいいます。その1つの手段として、偽の業務メールなどを送り付けて添付ファイルやリンクをクリックさせることでマルウェアに感染させる、標的型攻撃メールが問題になっています。警察が2015年に連携事業者などから報告を受けた標的型攻撃メールの件数は3,828件で過去最高。前年の1,723件から急増しています。
※警察庁による広報資料「平成27年におけるサイバー空間をめぐる脅威の情勢について」より(http://www.npa.go.jp/kanbou/cybersecurity/H27_jousei.pdf

標的型攻撃メールの手口

業務上の連絡やなじみの取引先を装うなど、手口が巧妙化。

標的型攻撃メールの特徴は、フリーメールアドレスからの送信、送信者のメールアドレスが署名と異なる、メール本文では言い回しが不自然な日本語や日本語では使用されない漢字が混じっているなどがあげられます。業務連絡やなじみの取引先を装うなど、その手口は巧妙化しています。
※警察庁による広報資料「平成27年におけるサイバー空間をめぐる脅威の情勢について」より
http://www.npa.go.jp/kanbou/cybersecurity/H27_jousei.pdf

  標的型攻撃メールの手口

セキュリティリスク

標的型攻撃メールで100万件以上の個人情報が流失したケースも。

2014年に確認された標的型サイバー攻撃による情報盗難被害例

情報盗難被害例

トレンドマイクロ独自の集計による

サービスイメージ

お客さまの標的型攻撃メールへの
対応力を認識できる訓練を実施いたします。

実際に擬似的な標的型攻撃メール(無害)をお客さまが指定された各従業員・組織のメールアドレスに送信します。

送信したメールの開封状況を集計し報告いたします。

当社からお客さまへ訓練の実施結果報告後、お客さまより訓練に参加された従業員の方々に種明かしと注意喚起を行っていただき、訓練効果定着を図ります。

  サービスイメージ

サービスの特長

標的型攻撃メールの脅威を肌で感じてもらう訓練を実施。

標的型攻撃メールの脅威を説明しても実感がわかないのも事実です。そこで、従業員に擬似的な標的型メールを送信し、いかに簡単に添付メールを開封してしまうかを実感してもらう訓練を実施します。メールの開封状況をお知らせし、従業員のリアルなセキュリティ意識を把握することで、組織内の課題と目標を明確に設定することができます。

特長1 だましの手口をリアルに実体験
お客さまが指定した従業員と日時に擬似的な標的型メールを送信。実施後にお客さまより従業員への種明かしと注意喚起を行っていただくことで、標的型攻撃メールの脅威を印象的に伝え、組織内のセキュリティ意識の向上を図ることができます。

特長2 社員のセキュリティ意識を把握
擬似的な標的型メールを送信した後、メールの開封状況を集計し報告します。開封率などのデータをもとに、組織内のセキュリティ意識を把握することで、今後の課題と目標を明確化します。

  サービスの特長

NECフィールディングで実現!

  • 標的型攻撃メールがいかに簡単に開封されるか、その脅威を実感できました
  • 実際に体験することで標的型攻撃メールに対するセキュリティ意識が高まりました

NECフィールディングとは

お問い合わせはこちら

課題から探す   テーマから探す   サービス名から探す

NECフィールディングはお客さまのビジネスを支援するITシステムの設計・構築からその後の運用・管理・保守までを幅広くサポートします!IT機器・システムはもちろん、それ以外の機器やNEC製品以外の機器(マルチベンダー)の対応も行なっています。
NECフィールディングは、3つの強み(技術力・展開力・ナレッジマネジメント力)を活用し、お客さまの課題や事業プランに合わせて、最適なビジネス環境をお客様と一緒に構築していきます。
全国約400ヵ所にサービス拠点を構えているため、24時間365日、いつでもどこでもスピーディにサービス提供が可能です。ITシステム(ビジネス)のことなら60年以上にわたり、常にお客さまのそばで、お客さまのさまざまな課題を解決してきたNECフィールディングまでご相談ください。

Copyright © NEC Fielding, Ltd, 2017. All rights reserved.