メニュー

ビジネス環境設計から構築、保守、運用まで
トータルにサポート

保守・運用サービス

ハードウェア、ソフトウェア、ネットワークなど、さまざまな機器・システムの保守に対応。NECの製品はもちろんのこと、NEC以外のメーカやICT機器以外の製品もおまかせください。
さらに、高度なICTスキルをもつ技術者によるオンサイトでの運用代行や、運用監視、復旧サポートもスピーディに実行。60年以上の保守実績を通じて培った経験と技術力で、さまざまな機器・システムへの対応を可能にしました。

保守・運用サービス

保守・運用サービスとは

システムの保守・運用サービスで、お客さまのシステムの安定稼動をサポートします。
NECフィールディングなら、ハードウェア・ソフトウェア・ネットワークなど、さまざまな機器保守が可能です。NEC以外のメーカの機器の保守も対応します。また、システムの運用代行もします。お客さまのご要望に合わせて、常駐・訪問・リモートなど、さまざまな方法でお客さまのシステム管理業務を代行します。

IT運用アセスメント

ITシステム運用の状況について簡易的に自己診断できるセルフアセスメントを公開しています。
インシデント管理、問題管理など、ITシステム運用のポイントとなる13項目の成熟度をレーダーチャートとして簡易的に見える化し、運用改善を進める最初の一歩として活用いただけます。
セルフアセスメント実施後には、結果に対して指摘事項や改善の方向性など評価コメントを10営業日程度でお送りさせていただきます。
(10営業日は目安であり、増減することがあることをご了承ください)

保守サービスの必要性

保守サービスの必要性は、機器が正常稼働している間にはわかりづらいですが、トラブルが発生した時に明らかになります。
保守の体制を整えていれば、業務で使用しているパソコン・プリンタなどの機器が故障したときに、相談窓口に連絡することで、機器修理の調整を始めることができ、復旧までの時間を短縮することができます。
復旧までの時間を短縮することで、業務の再開を早めることができ、業務停止により発生するお客様の損失を減らすことにつながります。

「運用」と「保守」の違い

●運用…正常な状態を維持するために、定常的に行なう作業のこと
「稼動の監視・確認」「媒体交換」「問い合わせ対応」など機器・装置だけでなく、お客さまのシステムや業務を把握して行う作業が『運用』。

 

●保守…正常な状態に戻す為に、不定期にシステムへ手を加えること
「修理対応」「部品交換」「データベースのメンテナンス」などハードウェアに対する作業以外に、アプリケーションやミドルウェアに対する作業も『保守』に含まれる。
※当社ではさまざまな”ハードウェア”の保守を行なっています

保守サービス

 

運用代行

機器監視

アウトソーシング

 

NECフィールディングはお客さまのビジネスを支援するICTシステムの設計・構築からその後のICTシステムの運用・管理・保守までを幅広くサポートします!ICT機器・システムはもちろん、それ以外の機器やNEC製品以外の機器(マルチベンダー)の対応も行なっています。
NECフィールディングは、3つの強み(技術力・展開力・ナレッジマネジメント力)を活用し、お客さまの課題や事業プランに合わせて、最適なビジネス環境をお客さまと一緒に構築していきます。
全国約360ヵ所にサービス拠点を構えているため、24時間365日、いつでもどこでもスピーディにサービス提供が可能です。ICTシステム(ビジネス)のことなら60年以上にわたり、常にお客さまのそばで、お客さまのさまざまな課題を解決してきたNECフィールディングまでご相談ください。

Copyright © NEC Fielding, Ltd, 2021. All rights reserved.