生ごみ処理でお悩みのみなさまへ !

バイオ⽣ごみ処理機
をご紹介

生ごみをバイオの力で生分解※1
「運ばず・燃やさず・その場で処理」することで
環境への負担低減に大きく貢献します。

業務用生ごみ処理機

環境問題の深刻化とともに、企業にはCSR*2への積極的な取り組みが求められています。また、食品リサイクル法の観点から“食品廃棄物問題”への対応が不可欠になりつつあります。その解決策として注目されているのが、生ごみをバイオの力で生分解する生ごみ処理機です。
バイオ生ごみ処理機は、生ごみを「運ばず・燃やさず・その場で処理」することで、焼却処理に比べ約96%のCO2削減*3を実現。“ごみ問題”へ根本的に取り組むことで、企業のCSRを推進し環境にやさしい社会の実現へ大きく貢献します。

  • *1 生分解:水分と炭酸ガスに分解すること
  • *2 CSR:Corporate Social Responsibility
  • *3 SINKPIA・JAPAN株式会社調べ

生ごみ処理問題の解決にむけて

収集・搬送

収集・搬送

事業系生ごみは民間処理業者に有料で回収・処理を委託。
回収業者が処分場に搬送。
国策によるごみの減量対策により処分場での処理費用、回収費用が年々高騰。

焼却

焼却

ダイオキシン規制法等の適用で既存の焼却場が使えない、もしくは改修となっている。
生ごみは水分が多く、燃料消費が大きいため、経費増、CO2排出増につながる。

埋め立て

埋め立て

焼却後の焼却灰は管理型処分場で埋め立てられる。
既存の処分場の残余年数は2〜3年と言われており、対策が必要。新規で作る場合は様々な問題がある。

⽣ごみ処理機による⽣ごみ発⽣現場での処理が進んでいます

バイオ⽣ごみ処理機で⽣ごみを
「運ばず・燃やさず・その場で処理」することにより、
通常の焼却処理に比べ、

約96%

CO2を削減することができます。

生ごみ処理機の種類

生ごみ処理機

バクテリア方式

堆肥型

有機物を熟成させ、堆肥にしやすい成分とする。そのまま使用できるわけではなく堆肥製造の為2次処理の受け入れ体制が必要である。

1週間に1度程度残さの取り出しが必要

消滅型

消滅型はコンパクトで取り出し不要。分解臭が少ないので屋内設置が可能。微生物たちが生ごみを生分解し、水分と炭酸ガスが排出される。

分解した水分は、製品下部の細かいメッシュから排水

乾燥方式

乾燥するだけなので量は減らせるが、分解はしない。生ごみ処理としては廃棄が負担になる。

焼却方式

燃焼してしまうため灰の状態まで減容できるが、ダイオキシン類やCO2の発生など、環境に悪影響を及ぼす可能性がある。

使うたびに取りだしが必要

生分解
されるから

堆肥型や乾燥型と違い残さの取り出しが不要で、ごみの減量につながります。

運ばず・燃やさず・
その場で処理だから

約96%もCO2を削減、CSR活動にも有効です。

ニオイが
出にくいから

近隣の住人に発酵臭で迷惑をかけることもありません。

生ごみを投入
するだけだから

毎日の生ごみ処理も快適に行えます。

コンパクト
だから

設置場所が自由自在、室内設置も可能です。

消費電力が
わずかだから

生ごみ処理のコストを削減環境にも優しい。

※堆肥型バクテリア式、乾燥方式、焼却方式の生ごみ処理機との比較

バイオ生ごみ処理機 動画の再生はこちら

お気軽にお問い合わせください お気軽にお問い合わせください

お問い合わせはこちら

NECフィールディングはお客さまのビジネスを支援するITシステムの設計・構築からその後の運用・管理・保守までを幅広くサポートします!IT機器・システムはもちろん、それ以外の機器やNEC製品以外の機器(マルチベンダー)の対応も行なっています。
NECフィールディングは、3つの強み(技術力・展開力・ナレッジマネジメント力)を活用し、お客さまの課題や事業プランに合わせて、最適なビジネス環境をお客様と一緒に構築していきます。
全国約400ヵ所にサービス拠点を構えているため、24時間365日、いつでもどこでもスピーディにサービス提供が可能です。ITシステム(ビジネス)のことなら60年以上にわたり、常にお客さまのそばで、お客さまのさまざまな課題を解決してきたNECフィールディングまでご相談ください。