メニュー

ビジネス環境設計から構築、保守、運用まで
トータルにサポート

体表温度測定におけるサーマルカメラについて|【NECフィールディング】

体表温度測定におけるサーマルカメラについて

現在、コロナウイルスやインフルエンザの感染症防止対策として、サーマルカメラが注目を集めています。
体表温度を測定する有効なツールとして、空港や病院などの出入りの多い公共空間だけでなく、最近では民間企業やイベントなど活用される場面が増えています。

ここでは、今注目のサーマルカメラについて紹介します。

体表温度とは

体表温度とは体の表面温度のことで、実際の体温よりも約1~2度低く測定される傾向にあります。体表温度測定は外気温などの要因に影響を受けるため、体温と必ず一致するわけではございません。

体表温度測定サーマルカメラで発熱が疑われる方の早期発見

サーマルカメラは、体表温度が高いほど遠赤外線も強くなる性質を利用して、人から出ている遠赤外線を撮影することで温度を測定します。
以下が、具体的なメリットです。

非接触での体表温度測定

カメラ越しにリアルタイムで体表温度を測定することができ、従来の温度測定のように接近や接触の必要がありません。感染リスクを防げる一番大きなメリットです。

複数人を一度に測定

撮影範囲内に顔部分がうつることで対象の方が立ち止まることなく同時に体表温度を測定できるため、人の通行が多い場所でもクラスター発生のリスクを避けられます。

導入が容易

三脚を使用して設置するため、特別な工事などの必要がありません。重さは約3.7kgで、移動も簡単で、少人数の職場でも導入が容易です。

体表温度スクリーニングシステムで感染症防止対策を

NECフィールディングでは導入の翌日からすぐに使用できるように、サーマルカメラだけでなく記録用SDカードや三脚、インジェクタなどの体表温度スクリーニングシステムをパッケージ化しています。
測定対象に設定した温度による相対的な温度確認ができるため、カメラと実際の表面温度の差が少ないことや、顔検出AIアプリによる瞬時の計測などが大きな特徴です。
また、体表温度スクリーニングシステムを導入する企業または施設では顔情報などの取り扱い(取得の目的・方法、用途等)を対象者に事前に告知して認識・同意を得るための取り組みをはじめ、人権・プライバシー配慮のための取り組みについて、問い合わせがあった場合にその内容を回答できるように事前にQ&Aで準備しておくとよいです。

体表温度スクリーニングシステムはこちら

おわりに

サーマルカメラは人から出ている遠赤外線を撮影することで、体表温度を瞬時に測定できる感染症防止対策に最適なカメラです。
体表温度スクリーニングシステムを活用すれば、発熱が疑われる方の早期発見と感染症防止対策になるため、来訪者に安心を与え、結果として社会的な信頼の向上にもつながります。

オフィスビルだけではなく、工場や病院、イベント会場などあらゆる場面で活用できるため、感染症対策を検討している場合はぜひご検討ください。

NECフィールディングはお客さまのビジネスを支援するITシステムの設計・構築からその後のITシステムの運用・管理・保守までを幅広くサポートします!IT機器・システムはもちろん、それ以外の機器やNEC製品以外の機器(マルチベンダー)の対応も行なっています。
NECフィールディングは、3つの強み(技術力・展開力・ナレッジマネジメント力)を活用し、お客さまの課題や事業プランに合わせて、最適なビジネス環境をお客様と一緒に構築していきます。
全国約400ヵ所にサービス拠点を構えているため、24時間365日、いつでもどこでもスピーディにサービス提供が可能です。ITシステム(ビジネス)のことなら60年以上にわたり、常にお客さまのそばで、お客さまのさまざまな課題を解決してきたNECフィールディングまでご相談ください。

Copyright © NEC Fielding, Ltd, 2021. All rights reserved.