メニュー

ビジネス環境設計から構築、保守、運用まで
トータルにサポート

新型コロナウイルスに対する企業対応とは

テレワークに必要なもの6選

2020年2月から続く新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、企業における働き方も対応していかなければなりません。
新型コロナウイルスに対して企業はどのような対応をしていけばいいのでしょうか。ここではその具体的な方法を紹介していきます。

ワークスタイルを見直す

企業が新型コロナウイルスに対応していくためには働き方改革を推進し、感染防止に向けた柔軟な働き方を導入する必要があります。
そのためにはワークスタイルを見直していく必要がありますが、厚生労働省から新型コロナウイルスに関する企業向けのQ&Aを公表しています。参考にしてみてください。

厚生労働省 新型コロナウイルスに関するQ&A(企業の方向け)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00007.html

具体的なワークスタイルの見直し方については、以下で解説していきます。

オフピーク出勤の導入

勤務時間の体系が固定しているのでしたら、フレックスタイム制の導入などで出社時間をずらすオフピーク出勤を導入するようにしましょう。
オフピーク出勤を導入することで、人との接触機会を減らせるようになります。

リモートワークの導入

オフピーク出勤はオフィスに出社することが前提となっていますが、可能であればリモートワークを導入して、出社せずとも自宅で仕事ができる環境を整備するようにしましょう。

NECフィールディングにはリモートワーク環境を整備・強化するためのさまざまなツールやサービスを用意しています。

デバイスの位置情報の把握、遠隔でのロックやワイプを実行し情報漏えいを防ぐことができる「LANSCOPE クラウド版」や、IT資産の運用管理やセキュリティ管理のほか、労務管理や意図しないファイル持ち出しの早期発見支援といった機能をオールインワンで搭載している「SKYSEA Client View」、多層防御による強固なセキュリティシステムをオールインワンで提供している「beat/active サービス」などがラインナップされています。

感染者発生に備える

社員が新型コロナウイルスへの感染してしまうリスクはどんな企業でも抱えている課題です。そのため、感染者の発生に対して常に備えておかなければいけません。
具体的には、熱や咳があり感染が疑われるときは即刻出社を控えるようにマニュアルを整備しておくほか、感染者が発生したときにはオフィスでの業務を一次停止して、全面的にオフィスの消毒を行うようにします。

感染者への対応を事前周知

新型コロナウイルスの感染者や濃厚接触者への対応を事前に整理し、社内に周知するようにしましょう。

感染が発生したときは、感染者に対して休業指示ができるよう就業規則を整備しておくほか、速やかに濃厚接触者のリストを作成するようにします。感染者の濃厚接触者となった社員に対してはPCR検査を実施するほか、14日間は不要不急の外出自粛や1日2回の体温測定などを義務づけるようにします。

そのほか、新型コロナウイルスに感染した社員に対する休業手当や特別休暇、労災給付などの規則を整備しておくことも大事です。

毎日の社員の健康観察

企業内での新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐには、日頃の社員の健康管理も大事です。 社員全員に日々の体温計測を義務づけると同時に、社員の健康管理に関する啓蒙を行うようにします 。

NECフィールディングでは、「体表温度スクリーニングシステム」を用意しています。エントランスに設置して体表温度の計測が可能になります。社員だけでなく来訪者の体表温度にも活用することが可能です。

雇用調整助成金の申請を行う

社員に新型コロナウイルスの感染者が発生した場合には、厚生労働省の雇用調整助成金の申請も検討してみましょう。

新型コロナウイルス感染症の影響により、事業活動の縮小を余儀なくされた場合、従業員の雇用維持を図るために休業手当などの一部を助成する制度が雇用調整助成金です。

社員が休業しているときの賃金支払いが難しいという企業を助成する制度となっています。詳しくは厚生労働省のサイトをご覧ください。

厚生労働省 雇用調整助成金(新型コロナウイルス感染症の影響に伴う特例)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/pageL07.html

コロナ対応の働き方改革ならNECフィールディング

新型コロナウイルスの感染拡大が続く現在、企業でも感染拡大防止に対応して、社員の健康管理を含めた働き方改革を進めていく必要があります。働き方改革を進めていくことで、社員の感染を防げるようになるほか、万が一、感染者が発生した場合でも被害を最小限に抑えることができます。

NECフィールディングでは、社員の働き方改革や健康管理を行うためのツールやサービスを用意しています。

NECフィールディングはお客さまのビジネスを支援するITシステムの設計・構築からその後のITシステムの運用・管理・保守までを幅広くサポートします!IT機器・システムはもちろん、それ以外の機器やNEC製品以外の機器(マルチベンダー)の対応も行なっています。
NECフィールディングは、3つの強み(技術力・展開力・ナレッジマネジメント力)を活用し、お客さまの課題や事業プランに合わせて、最適なビジネス環境をお客様と一緒に構築していきます。
全国約400ヵ所にサービス拠点を構えているため、24時間365日、いつでもどこでもスピーディにサービス提供が可能です。ITシステム(ビジネス)のことなら60年以上にわたり、常にお客さまのそばで、お客さまのさまざまな課題を解決してきたNECフィールディングまでご相談ください。

Copyright © NEC Fielding, Ltd, 2021. All rights reserved.