メニュー

ビジネス環境設計から構築、保守、運用まで
トータルにサポート

リモートワークとテレワークの違いとは?
導入メリットや運営ポイントを紹介

リモートワークとは?メリットや導入時のポイント

新型コロナウイルスの感染が拡大したことで、多くの企業がリモートワークを行うようになっています。そこで今回は、これからリモートワークを始めたいという方に向けて、導入時のポイントや導入後のメリットなどを紹介します。

リモートワークとテレワーク

オフィスではない場所で働くことをリモートワークと呼んでいます。また、リモートワークに似た用語としてテレワークがありますが、リモートワークとテレワークはどこが違うのでしょうか?

リモートワークとは?

リモートワークとは、「遠隔」や「遠方」を意味している「リモート」という単語に、「働く」を意味している「ワーク」を組み合わせた造語です。所属している会社のオフィスで働くのではなく、離れた場所で働くことを指します。会社のオフィス以外で勤務することを意味していますので、自宅には限定されておらず、カフェやホテルの一室、コワーキングスペース、地方や郊外などに設置されたサテライトオフィスなど、働く場所は多岐にわたります。

テレワークとは?リモートワークとの違い

テレワークとは「離れた」を意味している「テレ」と、「働く」を意味している「ワーク」を組み合わせた造語です。一見、リモートワークと違いがないように見えますが、テレワークはパソコンやインターネットなど、ICT(Information and Communication Technology/情報通信技術)を活用した働き方と定義されています。

テレワークが日本で初めて行われたのは1984年で、NEC(日本電気)が東京・吉祥寺に設置したサテライトオフィスが元祖だと言われています。このテレワークは、リモートワークや在宅勤務も含む、国が目指している「ニューノーマルの時代の働き方」のコンセプトとなっています。とはいえ、現在はテレワークもリモートワークとほぼ同じ意味の言葉として使われています。

日本国内におけるリモートワークの導入状況

リモートワークの導入は企業にとっての競争力強化のみならず、新しいビジネスの創出や労働形態の改革、事業継続性の向上をもたらすとともに、多様化する個々人のライフスタイルに応じた柔軟かつバランスの取れた働き方の実現に寄与するものでもあります。
総務省の「平成30年通信利用動向調査 (企業編)」を基に、企業におけるリモートワーク導入状況を概観すると、2018年は13.9%でしたが、2019年は19.1%となっています。企業規模別では、おおむね規模が大きいほど導入が進んでいる傾向にあります。

新型コロナ感染症の拡大に伴い、リモートワークの導入が急速に進んでいます。
2021年7月16日に公益財団法人 日本生産性本部が日本全国の20歳以上の企業・団体に雇用されている方を対象に行った調査によると、リモートワーク実施率は2021年1月22.0%、2021年4月19.2%、2021年7月20.4%と推移しています。調査対象の約5人に1人はリモートワークを実施しているという調査結果になっています。

参考:日本生産性本部 第6回 働く⼈の意識に関する調査 P18 図49

リモートワークを導入するメリット

リモートワークを導入することで、企業にも従業員にもメリットが生じます。

モチベーションが向上する

通勤の負担がなくなり働きやすい環境を整えることができることで、働くモチベーションが向上します。また、働く場所を選べるようになりますので、自分が集中しやすい環境を探して仕事に取り組むこともできるようになります。

優秀な人材を確保できる

パートナーが遠隔地へと転勤したり、親の介護や子どもの育児などが大変になったりした場合、特定のオフィスへの勤務が難しくなり、退職してしまうこともあります。

その点、自宅でも働くことができるリモートワークであれば勤務を続けることができ、人材が流失することが防げるようになります。

コストを削減できる

リモートワークにより出社が必要なくなった従業員が増えれば、オフィススペースを減らすことができるほか、従業員の通勤に必要な交通費も必要なくなり、企業で必要になるコストを削減することができます。

リモートワークの導入による従業員側のメリットとは?

リモートワークを行う従業員側のメリット

リモートワーク導入による従業員側のメリットとして、以下のようなことが挙げられます。

  • ・通勤時間が削減される、満足度向上
  • ・ワークライフバランスの改善
  • ・効率性(作業に集中できる)が改善される
  • ・感染症予防対策

在宅勤務やサテライトオフィス勤務などで通勤時間を大幅に省き、満員電車のストレスからも解放されるため、その分プライベートな時間を充実させて、従業員の満足度向上が期待できます。
通勤時間がなくなることで、家族や友人と過ごす時間や、趣味や学習といった自分のために使える時間が増え、ワークライフバランスの改善にも繋がります。郊外に住んでいる人なら、身支度に要していた時間も加えると、2〜3時間はゆとりができることになります。育児や介護をしながらでも仕事ができます。また、体調が悪いときに無理して出社する必要もなくなります。そのため、リモートワークに切り替えることでワークライフバランスに優れた生活を送れるようになります。

ワークライフバランスが改善することによって、仕事への意欲が向上するケースは多く、生産性の改善も期待できます。
総務省の「テレワークの最新動向と総務省の政策展開」によると、テレワークと生産性向上の調査ではリモートワークを導入していない企業の労働生産性は599万円となっています。対して、導入企業は約1.6倍の957万円という結果で、生産性が向上していると公表しています。

リモートワーク導入により、通勤やオフィスで不特定多数の人と接する機会がなくなることで、感染症への感染のリスクも減少するでしょう。
新型コロナウィルスだけでなく、インフルエンザなど人を媒体にして広がるウイルスの感染リスクは低下すると考えられます。

リモートワークを行う従業員側の課題とは?

リモートワークを行う従業員側の課題として以下の点を挙げることができます。

  • ・会社に行かないと利用できない資料、会社でしかできない手続きがある
  • ・同僚や上司とのコミュニケーションが不足になりやすい
  • ・仕事とプライベートの切り分けが難しい

会社でしか利用できない資料や手続き、会社のデジタル・トランスフォーメーションが進むことで解決できるでしょう。
また、同僚や上司とのコミュニケーションも課題として挙げられていますが、さまざまなコミュケーションツールを積極的に活用する、全てテレワークとするのではなく一定の出社日を設ける、などの工夫により解決できる可能性があります。

リモートワークは自己管理能力が求められます。とくに在宅勤務の場合には仕事に区切りを付けられずに長時間働いてしまうといった状況を防ぐためにも、しっかりと自己管理を行い、仕事とプライベートのメリハリを付ける必要があります。

リモートワークの導入がおすすめの職種・業種

職種・業種別のテレワーク実施率

「国土交通省 令和2年度 テレワーク人口実態調査 -調査結果-」では、業界・業種別でのテレワーク実施状況と実施頻度のデータも紹介されています。

2020年の業界・業種別テレワーク実施状況を見てみると、2020年で最もテレワークの実施割合が高い業種は情報通信業で66.1%、続いて金融保険業34.9%、電気・ガス業34.6%という結果が出ています。
対して、最もテレワークの実施割合が低い業種は宿泊業・飲食業で6.9%、次いで医療・福祉8.3%でした。情報通信業や金融保険業など、デスクワーク主体の業界・業種のほうがテレワークを実施している割合が高い傾向にあることがうかがえます。

参考:国土交通省 令和2年度 テレワーク人口実態調査 -調査結果-

リモートワークに適した職種・業種

リモートワークでは、物理的制約がない職種であれば、基本的にどのような職種でも可能な働き方です。しかし、職種によっては、リモートワークを導入すると、かえって不利益が生じる恐れがあります。そのため、会社が導入可能な業種や職種であるのか、しっかりと確認をすることが重要です。

リモートワークに適した職種・業種として、以下が挙げられます。

  • ・システムエンジニア
  • ・デザイナー、ライター
  • ・事務、営業、マーケティング
  • ・カスタマーサポート、オペレーション業務

業務評価基準の定義や勤務状態の管理方法、セキュリティの問題やリモートワークのためのインフラを整える必要など、条件はいくつかありますが、今後多くの職種で導入が進んでいくことは間違いありません。

リモートワーク導入の流れ

リモートワークの導入は、企業、従業員双方にさまざまなメリットをもたらしますが、成功させるためには、ルールづくりやセキュリティ対策だけではなく、企業、社員双方の意識改革が欠かせません。

一般的には次のような流れで進めていきます。

  • 1.導入目的の明確化・目標設定
    リモートワークはただ漠然と導入するだけでは、メリットを享受することはできません。事前に目的・目標を明確にすることが必要です。
  • 2.導入する対象を決める
    試験的に一部で導入し、様子を見ながら対象範囲の拡大をおこないます。既存の就業規則や人事評価制度に関わる場合どちらかを変更しなければならないこともありますので、よりメリットを受けられる従業員が多い業務を優先的に選定することをおすすめします。
  • 3.リモートワークに必要な各種ツールの選定
    試験的にリモートワークを導入し、課題を洗い出します。そのうえで必要な実施環境の整備を行い、評価基準や勤怠管理、業務管理、セキュリティなど、企業の状況に合わせてツール選定をしていきましょう。
  • 4.導入計画の策定を行う
    試験を終え、就業規則の改正や環境整備などの準備が整ったら、対象範囲を広げた本格的なリモートワークの導入計画を策定し、研修・説明会を開催します。また、情報漏洩を防ぐためにセキュリティガイドラインを作成し、従業員への周知・浸透を行います。
  • 5.リモートワーク開始・効果検証
    導入開始、定期的に効果検証をおこない、課題点があればその都度、改善していきます。アンケート、ヒアリング、アンケート調査などを通し、検証します。制度の細かなところは、PDCAを回しながら改善していきましょう。

リモートワーク導入時のポイント

企業がリモートワークを導入する際には押さえておきたいポイントがあります。

労務管理のためのシステムを導入する

オフィスで働いていれば、従業員の出社や退社したかなどは目で見て把握することができますが、目の前に社員がいないリモートワークでは、従業員の労働管理がしにくくなります。

そこでリモートワークを導入する際には勤怠管理などのシステムを導入して、勤怠を可視化する必要があります。

セキュリティ対策を徹底する

仕事用のパソコンなどを社外で使うことになるので、セキュリティに不備があると情報漏えいをしてしまう可能性があります。そのため、リモートワークを実施する場合には、オフィス内と同等のセキュリティ対策を行う必要があります。

社内では情報システム部門に任せきりだったセキュリティ対策を自身で行うこともありますので、社内研修を行うなど従業員のセキュリティ意識を高める施策を整えておきましょう。

コミュニケーションのためのツールを導入する

お互いの顔が見えないリモートワークでは社員間のコミュニケーションが不足することで、上司や同僚と連携できなくなったり孤立感を抱いたりすることがあります。そこで、メールや電話よりも気軽にコミュニケーションできるチャットツールやリモートミーティングツールを導入するなど、コミュニケーション不足を解消できるシステムを整えておきましょう。

リモートワークでおすすめのビジネスツール

リモートワークには、対面でのやり取りができない、細かい内容が伝わりづらいことでのコミュニケーション問題や、労働時間の把握、情報漏えいの問題などの課題があります。しかし、ビジネスツールを導入することで解決できます。

  • ・Web会議システム
    Web会議システムは、複数の遠隔拠点をインターネットでつなぎ、映像・音声のやり取りや、資料や画面を共有しながら効率よく対話型のコミュニケーションをとれるツールです。
  • ・ビジネスチャット
    私用で使っているチャットコミュニケーションにセキュリティや検索機能などを加えて、ビジネスでも使いやすくしたツールです。
    メールや電話よりも、気軽で迅速なコミュニケーションを実現することができるので、リモートで不足している社内コミュニケーションの活性化などを目的に使われることが多いです。
  • ・グループウェア
    グループウェアは日々の業務で使用する機能をまとめたツールです。グタスクやスケジュール管理など社員間の円滑なコミュニケーションを行う、仕事の効率化をするには必要不可欠なツールとも言えるでしょう。
  • ・プロジェクト管理ツール
    プロジェクト管理ツールは、プロジェクト単位ごとに、タスクやスケジュールを管理しながら、すべてのコミュニケーションを一括で管理することができるツールです。
    テレワークで生じる「誰が何をやっているか見えづらい」「きちんと稼働しているかわからない」といった課題を解決する手段の一つが、プロジェクト管理ツールの導入です。
  • ・セキュリティ対策
    急速に普及が進むリモートワークの裏で生じているセキュリティ対策の綻びを狙うべく、サイバー攻撃者は躍起になっています。
    リスクを回避するためには情報セキュリティに関する社員教育も重要ですが、セキュリティ対策を簡単に行うことができるウェブツールを導入することも効果的です。
  • ・勤怠管理システム
    勤怠管理システムでは、リアルタイムでの従業員の労働時間や残業時間、休暇取得情報を把握できます。リモートワークでは、Webブラウザやスマートフォンアプリを通じて打刻できる、クラウド勤怠管理システムの利用がおすすめ。
  • ・SFA 営業支援・顧客管理システム
    Salesforceは、顧客管理、営業支援、商談・案件管理、見積管理、社内情報共有SNS、B2Bマーケティング、売上予測などさまざまな機能を搭載した営業支援(SFA)・顧客管理(CRM)システムです。
    効率的な営業活動、売上予測の精度向上、企業内コミュニケーションの活性化、コールセンターの生産性と顧客満足度の向上を必要とされています。

リモートワーク環境で従業員の成果を上げる方法とは?

リモートワークでも成果を出すには、どのようなやり方で従業員の成果を上げることができるのでしょうか。

仕事環境を整える

長時間作業をしても疲れないような、デスクとイスを用意するようにしましょう。また、仕事をしていてストレスがかからないような、見やすいモニターやスピードが速い通信環境を揃えることも生産性向上のためには必要です。
そのための購入費用や月額費用などは会社側でサポートを行うようにしましょう。

ITツールを使いコミュニケーションを活発化させる

ITツールを導入することで、リモートワーク下でもコミュニケーションを活発化させることが可能です。
コミュニケーション活発化のために導入をおすすめするのは、ビジネスチャットツールや社内SNSなどのほか、フェイス・トゥ・フェイスで顔が見えるウェブ会議やリモートミーティングが気軽にできるツールの導入です。

業務時間の報告を徹底する

リモートワークを導入したら、オフィスに勤務していたときと同じ勤怠管理を続けていくことは止めるようにしましょう。
リモートワークを導入する前は、従業員の勤務内容や勤務態度を上司が目視でチェックしていたのであれば、業務時間や内容を報告する仕組みを作成して用意するようにしましょう。評価制度も勤務態度による評価ではなく、成果物を重視する形に切り替えるのが良いでしょう。
そのほか、スケジュール管理ツールや勤怠管理システムを導入することもおすすめです。

NECフィールディングには、高品質な映像とクリアな音声のクラウド型ウェブ会議/リモートミーティングツール「Cisco Webex」を用意しています。

また、リモートワーク環境を整備・強化するために、デバイスの位置情報の把握、遠隔でのロックやワイプを実行し情報漏えいを防ぐことができる「LANSCOPE クラウド版」や、IT資産の運用管理やセキュリティ管理のほか、労務管理や意図しないファイル持ち出しの早期発見支援といった機能をオールインワンで搭載している「SKYSEA Client View」、多層防御による強固なセキュリティシステムをオールインワンで提供している「beat/active サービス」といったサービス・ツールも用意しています。

リモートワークならNECフィールディング

NECフィールディングでは、快適にリモートワークを行うためのサービスやツールをご用意しています。

  • LanScope An
    利便性を落とさずにセキュリティリスクを軽減し、安全で快適なスマートデバイス活用を実現するツールです。デバイスの位置情報の把握や、遠隔でのロックやワイプを実行し情報漏えい防止になるほか、PC・スマートフォン・タブレットなど、デバイスが混在した環境でも管理できるため、管理者は資産管理を簡易にできます。
  • SKYSEA Client View
    IT資産の運用管理やセキュリティ管理のほか、労務管理や意図しないファイル持ち出しの早期発見支援といった機能を「オールインワン」で搭載するソフトウェアです。企業内の膨大な数のクライアントPCやIT機器、ソフトウェア資産管理を一元管理できることで、IT資産の有効活用を支援するほか、より安全な情報セキュリティ対策を実現します。
  • beat/active サービス
    多層防御による強固なセキュリティシステムをオールインワンで手軽に提供してくれるサービスです。オフィス外でも高いセキュリティを発揮する仕組みの構築や、拠点間を安全につなぐVPNの構築に対応しているので、リモートワーク時のセキュリティ対策に有効です。
  • Cisco Webex
    高品質な映像とクリアな音声でWeb会議ができるクラウド型のリモートミーティングツールです。自宅のほか、サテライトオフィス、外出先、社内の会議室など、さまざまな場所、デバイスから自由自在にアクセスできるのが特長です。利用帯域が少ないため、大人数でのオンライン会議やオンラインセミナー、社内研修での活用も可能です。

リモートワークのまとめ

リモートワークを推進していくことで、従来の働き方では得られなかった多くのメリットが発生する可能性があります。ですが、情報漏えいやコミュニケーション不足などのデメリットにしっかり対応できるように、リモートワーク導入時に必要となるポイントを押さえておくことが必要です。

NECフィールディングでは、リモートワークのメリットを最大化するための各種サービス・ツールをご用意しています。リモートワーク導入を検討している方は、ぜひチェックしてみてください。

NECフィールディングはお客さまのビジネスを支援するITシステムの設計・構築からその後のITシステムの運用・管理・保守までを幅広くサポートします!IT機器・システムはもちろん、それ以外の機器やNEC製品以外の機器(マルチベンダー)の対応も行なっています。
NECフィールディングは、3つの強み(技術力・展開力・ナレッジマネジメント力)を活用し、お客さまの課題や事業プランに合わせて、最適なビジネス環境をお客様と一緒に構築していきます。
全国約400ヵ所にサービス拠点を構えているため、24時間365日、いつでもどこでもスピーディにサービス提供が可能です。ITシステム(ビジネス)のことなら60年以上にわたり、常にお客さまのそばで、お客さまのさまざまな課題を解決してきたNECフィールディングまでご相談ください。

ITシステムの設計・運用・構築 TOP > LPリスト > ニューノーマルな働き方・テレワーク整備 > リモートワークとは?メリットや導入時のポイント

Copyright © NEC Fielding, Ltd, 2022. All rights reserved.