BCP(事業継続計画)とBCMの違いとは?策定の流れや運用方法を解説

BCP(事業継続計画)とBCMの違いとは?策定の流れや運用方法を解説

近年日本では、災害の頻発とともにコロナ禍にも直面し、企業としての対応を考える機会が増えています。そこでこの記事では、企業の社会的責任とも言われるBCP(事業継続計画)について、概要や策定の流れ、運用のポイントなどを紹介します。

BCP(事業継続計画)とは?

BCPとは「Business Continuity Plan」という英文の頭文字を取った略称で、和訳すると「事業継続計画」となります。事業所が災害やテロ、大規模システム障害などにより事業停止の危機に直面した際も、業務継続や早期復旧を図るための適切な方策を記載した計画書を指します。

BCMや防災対策との違い

BCPは、ときにBCMや防災対策と混同されがちですが、BCMは非常時の対策とは異なり、「対策を運用するためのプロセス設計」を指すものです。また防災対策は、自然災害や火災などから企業の人材や資産を守るための対策です。

関連サービス:事業継続計画(BCP)策定支援サービス

BCP(事業継続計画)の目的

BCPの目的は先述のとおり、企業が危機的状況に瀕した際に適した行動をとることで事業の停止を回避し、万が一停止に追い込まれた場合も早期復旧を図ることです。

経営戦略としての側面も

BCPは緊急時に役立つだけでなく、企業としてどの業務を優先して取り組むべきかなど、業務の優先度の洗い出しも可能となり、経営戦略の見直しという側面でも有用です。

企業やブランドの価値向上にも

BCPの整備は、企業自体の信頼性やイメージの向上につながり、顧客や取引先に選ばれやすい企業づくりの一環にもなります。

BCP策定の流れ

自社でBCPを策定し運用するまでの流れは、以下のようになります。

1.方針の策定と人員体制の確立

BCP策定によって自社が何をめざすかを明確にし、想定される緊急事態やリスクを検討して方針を決定します。その上で適した人員を選定し、計画書の作成と実際の対策にあたる社内体制を決めていきましょう。

2.BCP発動時の優先事業や行動体制を決定する

緊急時にどの社内事業を優先するかを決め、実際に事業継続や復旧活動にあたるチームなどの体制を決めます。

3.計画を文書化し、社内に共有・周知する

策定した計画を全従業員が確認可能な文書にまとめ、全員が確認できるよう共有を行います。中小企業庁が計画書のフォーマットを提供しているため、それらを活用しても良いでしょう。

参考:https://www.chusho.meti.go.jp/bcp/

BCPを策定する際の注意点とは?

BCPを自社で策定する際には、以下の注意点を踏まえて計画を立てましょう。

1.自社に適した計画とする

他社の優秀なBCPに則って自社でも策定したいと考えるかもしれませんが、それが自社に適しているとは限りません。完璧を求めるよりは、自社の経営環境や対応可能なレベルに即した実現・実行可能なBCPの策定を心がけましょう。

2.計画書の検証や見直しを定期的に行う

時代や企業規模などが変化すれば、それまで最適だったBCPも内容の見直しが必要となります。定期的に計画やマニュアルの内容を検証し、自社のBCPに基づく行動実績があればそれらも踏まえて見直し(改訂)を行いましょう。

【BCPの運用】災害発生から復旧までの対応方法

緊急事態の発生から復旧までの、BCPに基づく対応方法は以下のとおりです。

1.初動対応

災害であれば人命を守る行動や安否の確認、システム障害であればネットワークの即時遮断など、被害を最小限に抑えるための初期行動にあたります。

2.仮復旧

初動対応の後は、使用できない設備の代替対応やバックアップデータを活用してのデータ復旧、被害状況に応じた取引先変更などの対応にあたります。

3.本復旧

仮復旧が済んだら、平常業務に戻していくための取り組みに着手します。事業所の建物やライフラインの復旧確認、業務状況のチェックなどを実施しましょう。

4.保守運用

1~3までの行動計画をいつでも適正に運用可能とするための、平時の活動です。緊急連絡先の変更にともなう更新、避難通路の検証・見直し、防災備蓄品の入替、定期的な避難訓練の実施などです。

BCPを上手く運用するポイント

BCPをスムーズに運用するには、まず簡易な形で良いので早期に策定し、運用しながら実効性向上を図るべく更新や改訂を行っていくと良いでしょう。
中小企業庁では、以下の運用方法を提案しています。

定着

全従業員にBCPを周知し理解を促すため、研修などの教育活動を実施します。

見直し

経営状況や環境の変化に応じ、内容を見直します。下記の「RTO」「RLO」の2指標を基にすると良いでしょう。

RTO(Recovery Time Objective):復旧までの目標時間・日数
RLO(Recovery Level Objective):平時の事業水準の何パーセントまで復旧可能か

まとめ

2011年の東日本大震災やコロナ禍を機に、企業のBCP対策が大きく注目されています。未策定の場合や、策定から1度も見直しをしていない場合は、昨今の情勢に合わせたBCPの計画立案や改定を検討してみてはいかがでしょうか。

NECフィールディングでは、リモートワーク導入支援やデータセンターから非常食・避難生活用品まで、BCPを支援するさまざまなサービスや製品を取り揃えております。BCPの策定や運用についてお悩みをお持ちの企業さまは、ぜひ一度お問い合わせください。

発行元:NECフィールディング編集部

お客さま事業・業務にお役立ていただける情報をお届けします。
ご相談はお問い合わせフォームよりご連絡ください。

お問い合わせフォーム:https://solution.fielding.co.jp/contact_form/

※当社は法人向けサービスを提供しているため、個人のお客さまに対してはサービス提供できません。
 あらかじめご了承ください。

NECフィールディングはお客さまのビジネスを支援するITシステムの設計・構築からその後のITシステムの運用・管理・保守までを幅広くサポートします!IT機器・システムはもちろん、それ以外の機器やNEC製品以外の機器(マルチベンダー)の対応も行なっています。
NECフィールディングは、3つの強み(技術力・展開力・ナレッジマネジメント力)を活用し、お客さまの課題や事業プランに合わせて、最適なビジネス環境をお客様と一緒に構築していきます。
全国約400ヵ所にサービス拠点を構えているため、24時間365日、いつでもどこでもスピーディにサービス提供が可能です。ITシステム(ビジネス)のことなら60年以上にわたり、常にお客さまのそばで、お客さまのさまざまな課題を解決してきたNECフィールディングまでご相談ください。

ITシステムの設計・運用・構築 TOP > LPリスト > 事業継続計画(BCP)策定支援サービス >BCP(事業継続計画)とBCMの違いとは?策定の流れや運用方法を解説

Copyright © NEC Fielding, Ltd, 2022. All rights reserved.