メニュー

ドローンセミナー

ドローン活用セミナー(東京)


日程:2016年6月6日(月) 
場所:東京コンファレンスセンター品川 5階ホール
時間:13:00~17:10 (受付開始 12:00) 

 

 



IMG_0615.JPG

 

 本イベントは終了しました。

たくさんのご来場ありがとうございました。

業務でのドローン(マルチコプター)の活用(予定)をしている方を対象としたセミナーを開催いたします。参加は無料ですのでご興味のある方は是非ご参加ください。

プログラム

 

時間

テーマ

講演企業(講演者)タイトル概要

12:00~

  受付~開場

13:00~

基調講演1 災害ドローン救援隊 DRONE BIRD が目指す未来
                       ~ クライシスマッピングが拡げる共助のチカラ ~

2010年のハイチ地震以降、世界中で発生した大規模災害において、最先端の災害情報支援活動「クライシスマッピング」に参画。そこから派生した災害ドローン救援隊「DRONE BIRD」とこれからのドローン活用について紹介します。

【古橋大地:青山学院大学地球社会共生学部 教授
       NPO法人クライシスマパーズ・ジャパン/ドローンバード代表】
プロフィール:青山学院大学 地球社会共生学部 教授、マップコンシェルジュ株式会社 代表取締役社長、オープンストリートマップ・ファウンデーション・ジャパン理事、東京大学空間情報科学研究センター特任研究員、OSGeo財団日本支部理事、東京大学大学院新領域創成科学研究科修了(環境学修士)専門は森林リモートシング。 

13:35~

基調講演2 ドローンで広がる極限環境の研究

長沼教授の研究フィールドである「南極・北極、砂漠、火山・高山など」の極限環境において、ドローンを使う可能性について。得られるデータ・サンプルの量が飛躍的に拡大するだけでなく、これまで採取できなかったデータ・サンプルが採取できる可能性について語ります。

【長沼 毅:広島大学 大学院生物圏科学研究科 教授】
プロフィール:神奈川県立希望ヶ丘高等学校、筑波大学第二学群生物学類卒業。1989年 筑波大学大学院生物科学研究科修了。理学博士号を取得。
海洋科学技術センター(現・海洋研究開発機構)研究員、米国カリフォルニア大学サンタバーバラ校海洋科学研究所客員研究員を経て、1994年広島大学大学院生物圏科学研究科助教授。現在、同大学教授。第52次南極観測隊員。「科学界のインディー・ジョーンズ」として、メディアへの出演も多数。

14:00~

活動紹介

JMSA活動のご紹介

JMSAはマルチコプターの安全な産業利用の推進を目的に設立された団体です。
JMSAの活動と会員向けサービスをご紹介します。

【JMSA】 

14:20~

 

休憩

14:30~

測量

ドローンによる測量技術

現在、ドローンによる測量の多くはSFM技術による写真測量で行われています非常に手軽な技術でありますが基本的な知識がないと精度を確保できないということを成功・失敗事例を挙げて紹介します
また、高精度GNSSで撮影位置を高精度に定位した場合の事例や、今後主流になるであろうドローン搭載型レーザースキャナシステム紹介を行います

【株式会社アミューズワンセルフ】

 15:05~

空撮

安全性能は空撮の新しい選び方
   ~安全性を追求したDJI製品と空撮の醍醐味~

DJIが実施している、安全に操縦できる人を育成する操縦技術認定プログラムをご紹介します。また、全性能が向上した新製品PHANTOM4、発表されたばかりのMATRICE600を活用した空撮の魅力についても、映像をまじえてご説明します。

【DJI JAPAN株式会社】

 

15:35~

 

休憩

15:45~

農業

DJI初の農業用ドローン
   ~AGRAS MG-1の最新テクノロジーとその活用法~

DJI初の高性能農薬散布用ドローンAGRAS MG-1をご紹介します。
農業分野における作業効率と管理能力を飛躍的に進歩させる、最新技術を搭載した新製品がもたらす農業のイノベーションをテクノロジー、活用方法、安全性の観点からご説明します。

【DJI JAPAN株式会社】

16:20~

防災

災害対策 

災害時、ドローンは状況把握に有効なツール

災害時におけるドローンの用途は幅広くあり、平時とは異なる運用を求められます。当セミナーでは長距離フライトを始め、強風化/悪天候下/夜間フライトの運用方法について、御嶽山など実際の事例を交えて紹介すると同時に、必要となる機体性能や搭載するセンサー類の説明を行います。
また、災害が起きてからドローンを活用するだけでなく、平時の監視における利活用の重要性についても触れます。

【株式会社アミューズワンセルフ】

 

16:50~

ドローン
ビジネス
相談センター

ドローンビジネス相談センターのご紹介

ソフトバンクが35年のICTディストリビュータとしてのノウハウと、実績を生かした法人・産業向けのドローンビジネスを語ります。

【ソフトバンク コマース&サービス株式会社】 

会場

 

東京コンファレンスセンター品川 5階ホール

 
〒108-0075
東京都港区港南 1-9-36 
アレア品川 3F~5F

〇交通アクセス

電車をご利用の場合
・JR品川駅港南口(東口)より徒歩2分
・JR山手線,京浜東北線,東海道線,横須賀線,東海道新幹線等。
・羽田空港から京浜急行で14分
・成田空港から成田エキスプレスで直通70分

お車をご利用の場合
・首都高速1号羽田線芝浦ランプから約2km

東京コンファレンスセンター品川アクセスMAP.jpg 

参加料

無料(事前登録制)

ドローン事業に対する弊社の取り組み

NECフィールディングは、ドローンの新たな産業・市場創造に貢献する一般社団法人 日本マルチコプター安全推進協会(JMSA)および「一般社団法人 日本UAS産業振興協議会(JUIDA)」、「ミニサーベイヤーコンソーシアムnext」に参画しています。ドローンの購入、知識・操縦方法、ライセンス取得、運用ノウハウ、保守まで、すべておまかせください。

詳細ページはこちら (ドローン活用サポート)

お申し込み

受付は終了しました。

まだ、お席に余裕が有りますので、参加をご希望される方は、

お名刺2枚をご持参の上、会場に直接お越しください。

展示会・セミナーのお知らせTOPへ

NECフィールディングはお客さまのビジネスを支援するITシステムの設計・構築からその後の運用・管理・保守までを幅広くサポートします!IT機器・システムはもちろん、それ以外の機器やNEC製品以外の機器(マルチベンダー)の対応も行なっています。
NECフィールディングは、3つの強み(技術力・展開力・ナレッジマネジメント力)を活用し、お客さまの課題や事業プランに合わせて、最適なビジネス環境をお客様と一緒に構築していきます。
全国約400ヵ所にサービス拠点を構えているため、24時間365日、いつでもどこでもスピーディにサービス提供が可能です。ITシステム(ビジネス)のことなら60年以上にわたり、常にお客さまのそばで、お客さまのさまざまな課題を解決してきたNECフィールディングまでご相談ください。

Copyright © NEC Fielding, Ltd, 2017. All rights reserved.