メニュー

ドローンセミナー

ドローン活用セミナー(大阪)

日程:2016年6月8日(水)
場所:グランフロント大阪
   カンファレンスルームタワーC Room 03、04
時間:13:00~17:10(受付開始 12:30) 

 

 



IMG_0615.JPG

 

 本イベントは終了しました。

たくさんのご来場ありがとうございました。

業務でのドローン(マルチコプター)の活用(予定)をしている方を対象としたセミナーを開催いたします。参加は無料ですのでご興味のある方は是非ご参加ください。

プログラム

 

時間

テーマ

講演企業(講演者)タイトル概要

12:30~

  受付~開場

13:00~

基調講演1

JMSAのご紹介と地盤工学におけるドローンの利活用

JMSAのご紹介と、専門である地盤工学分野におけるドローンの利活用に関する情報のほか、ドローンで収集したビッグデータ活用の今後の方向性などの話をします。

【大西有三:関西大学 客員教授】

プロフィール:京都大学工学部卒業、カリフォルニア大学バークレー校工学研究科博士課程修了。以降、京都大学工学部で教鞭を執り、2008年10月、京都大学理事・副学長。
2013年、関西大学環境都市工学部特任教授。2016年、同客員教授。
政府関連では、汚染水処理対策委員会委員長(資源エネルギー庁)、新都市社会技術融合創造研究会委員長(国土交通省近畿地方整備局)、等々を歴任。

13:35~

基調講演2

国交省「i-Construction」政策を支える建設業のドローン活用技術

国土交通省は今年度から社会インフラの設計、施工、維持管理にドローンや情報化施工、3Dモデリングなどの情報通信技術を積極的に活用する「i-Construction」政策を始めました。
そのきっかけとなりました「CIM(シム:コンストラクション・インフォメーション・モデリング)」とは何か、建設業におけるドローン活用の実態、そして建設産業の生産性向上の本質はどこにあるのかを、豊富な実例に基づいて解説します。

【家入 龍太:建設ITジャーナリスト】
プロフィール:BIMや3次元CAD情報化施工などの導入により、生産性向上・地球環境保全・国際化といった建設業が抱える経営課題を解決するための情報を「一歩先の視点」で発信し続ける建設ITジャーナリスト。代案や新しいことへのチャレンジを「ほめて伸ばす」のがモットー。日経アーキテクチュアうぃぶサイトの人気コーナー「イエイリ建設IT戦略」などを担当。「年中無休・24時間受付」で、建設・IT・経営に関する記事の執筆や講演、コンサルティングなどを行っています。関西大学非常勤講師として「ベンチャービジネス論」の講義も行ってます。

14:00~

活動紹介

JMSA活動のご紹介

JMSAはマルチコプターの安全な産業利用の推進を目的に設立された団体です。
JMSAの活動と会員向けサービスをご紹介します。

【JMSA】 

14:20~

 

休憩

14:30~

測量

ドローンによる測量技術

現在、ドローンによる測量の多くはSFM技術による写真測量で行われています非常に手軽な技術でありますが基本的な知識がないと精度を確保できないということを成功・失敗事例を挙げて紹介します
また、高精度GNSSで撮影位置を高精度に定位した場合の事例や、今後主流になるであろうドローン搭載型レーザースキャナシステム紹介を行います

【株式会社アミューズワンセルフ】

 15:05~

空撮

安全性能は空撮の新しい選び方
   ~安全性を追求したDJI製品と空撮の醍醐味~

DJIが実施している、安全に操縦できる人を育成する操縦技術認定プログラムをご紹介します。また、全性能が向上した新製品PHANTOM4、発表されたばかりのMATRICE600を活用した空撮の魅力についても、映像をまじえてご説明します。

【DJI JAPAN株式会社】

 

15:35~

 

休憩

15:40~

農業

DJI初の農業用ドローン
   ~AGRAS MG-1の最新テクノロジーとその活用法~

DJI初の高性能農薬散布用ドローンAGRAS MG-1をご紹介します。
農業分野における作業効率と管理能力を飛躍的に進歩させる、最新技術を搭載した新製品がもたらす農業のイノベーションをテクノロジー、活用方法、安全性の観点からご説明します。

【DJI JAPAN株式会社】

16:15~

防災

災害対策 

災害時、ドローンは状況把握に有効なツール

災害時におけるドローンの用途は幅広くあり、平時とは異なる運用を求められます。当セミナーでは長距離フライトを始め、強風化/悪天候下/夜間フライトの運用方法について、御嶽山など実際の事例を交えて紹介すると同時に、必要となる機体性能や搭載するセンサー類の説明を行います。
また、災害が起きてからドローンを活用するだけでなく、平時の監視における利活用の重要性についても触れます。

【株式会社アミューズワンセルフ】

 

16:50~

ドローン
ビジネス
相談センター

ドローンビジネス相談センターのご紹介

ソフトバンクが35年のICTディストリビュータとしてのノウハウと、実績を生かした法人・産業向けのドローンビジネスを語ります。

【ソフトバンク コマース&サービス株式会社】 

講演時間及び内容につきましては、一部変更になる場合がございます。ご了承ください。

会場

 

グランフロント大阪
カンファレンスルームタワーC
Room C03、C04 

 

〒530-0011
大阪府大阪市北区大深町3-1
グランフロント大阪タワーC8階

〇交通アクセス

電車をご利用の場合
・JR「大阪駅」(アトリウム広場)より徒歩3分
・地下鉄御堂筋線梅田駅より徒歩3分
・阪急電鉄梅田駅より徒歩3分

グランフロント大阪_s.png 

参加料

無料(事前登録制)

ドローン事業に対する弊社の取り組み

NECフィールディングは、ドローンの新たな産業・市場創造に貢献する一般社団法人 日本マルチコプター安全推進協会(JMSA)および「一般社団法人 日本UAS産業振興協議会(JUIDA)」、「ミニサーベイヤーコンソーシアムnext」に参画しています。ドローンの購入、知識・操縦方法、ライセンス取得、運用ノウハウ、保守まで、すべておまかせください。

詳細ページはこちら (ドローン活用サポート)

展示会・セミナーのお知らせTOPへ

NECフィールディングはお客さまのビジネスを支援するITシステムの設計・構築からその後の運用・管理・保守までを幅広くサポートします!IT機器・システムはもちろん、それ以外の機器やNEC製品以外の機器(マルチベンダー)の対応も行なっています。
NECフィールディングは、3つの強み(技術力・展開力・ナレッジマネジメント力)を活用し、お客さまの課題や事業プランに合わせて、最適なビジネス環境をお客様と一緒に構築していきます。
全国約400ヵ所にサービス拠点を構えているため、24時間365日、いつでもどこでもスピーディにサービス提供が可能です。ITシステム(ビジネス)のことなら60年以上にわたり、常にお客さまのそばで、お客さまのさまざまな課題を解決してきたNECフィールディングまでご相談ください。

Copyright © NEC Fielding, Ltd, 2017. All rights reserved.