メニュー
おすすめコラム

2018年10月18日 第9回【前編】筑波大学大学院システム情報系教授/
サイバーダイン株式会社代表取締役社長・CEO 山海嘉之氏

筑波大学大学院システム情報系教授/サイバーダインCEO 山海嘉之氏にインタビューしました

The Game Changer

試合の流れを一気に変える人--ゲームチェンジャー。
物事の流れを根底から覆し、人々の暮らしや社会、企業活動などに変革をもたらす……。
歴史のダイナミズムとは、そのようなゲームチェンジャーたちによる挑戦の結果によるものかもしれません。
現代社会を揺り動かすゲームチェンジャーとはどのような人たちなのか。
変革をもたらす視点、独自の手法、ゴール設定、モチベーションをいかに維持するか等々、変革に挑戦した者だけが語ることができる物語を紹介します。

世界初のサイボーグ型ロボット「HAL®」で
社会に変革をもたらす

少子高齢化や人口減少といった社会環境の変化に我々は直面しており、それらに起因する様々な課題が浮かび上がっている。そんな中、その解決にAI(人工知能)やIoT、ロボティクスなどの技術を使う動きが広がっている。サイバーダイン株式会社は、AIやIoH/IoT*1の技術を生かした医療・介護用ロボット「HAL®」(Hybrid Assistive Limb®)を研究開発、製造する。同社のCEOで筑波大学大学院システム情報系教授でもある山海嘉之氏に、ロボット開発のきっかけから未来のあるべき姿まで、その思いを聞いた。

*1 IoH/IoT(Internet of Humans / Internet of Things)は、山海氏が提唱するこれからのビッグデータの要となるヒトとモノのインターネットのこと。

“○○博士”になりたかった

――――ロボットに興味を持ったきっかけは何だったのでしょうか。

山海 9歳のときに風邪で寝込んだことがあって、母が何冊かSF小説を買ってきてくれました。その中にアイザック・アシモフの『われはロボット』(原題:I, Robot、1950年刊)がありました。
 話の内容は、1982年生まれで2003年にコロンビア大学で学士号を取得し、その後、大学院で2008年にサイバネティックスの学位を取得したスーザン・キャルヴィン博士がUSロボット&メカニカルマン社(今でいうベンチャー企業)に入り、世界屈指の企業トップの一員としてロボット開発に従事した過去を振り返りながら、ロボット3原則(この本の冒頭に記載)に関わってくるいくつかのトピックスをジャーナリストに語るというものでした。
 この本に夢中になりました。まだ小学生でしたから、難しい漢字は辞書を引きながら読んだのですが。
 その当時は、ロボットやサイボーグが活躍するテレビアニメや漫画が全盛でした。何か困ったことがあると“○○博士”というのが登場して解決してくれる。もちろんロボットやサイボーグにも興味はありましたが、むしろキャルヴィン博士やアニメに登場する「○○博士」になりたいと思いました。

ロボットに興味を持ったきっかけを語る山海嘉之氏

――――9歳で将来を決めたというわけですね。

山海 いわゆる科学少年でしたが、そのころから物理や化学、生物などあらゆる分野に関心がありました。教科書に載っているような実験や、それ以外でもできそうな実験は一通り経験しましたし、その原理を知り、原理と原理を組み合わせるとどうなるのか、などということも考えていました。毎日何時間も遊ぶ感覚で楽しい時を過ごしていました。

科学少年だった山海嘉之氏

  当時は、インターネット社会の今と違って、出版のスピードに比べて科学技術の進歩がかなり速かった。本に載っている電子回路を真似しながら作ろうと思って部品を買いに行くと、その部品はすでに廃番になっていて、パーツ屋さんで扱っていないのです。「代わりにこれでどうかなぁ?」と渡された部品を使うと、ちゃんと動く。そのとき、原理が大切なんだと気づき、それ以降は、原理と原理を組み合わせるというような遊びに切り替わっていきました。全く違う分野の原理と原理を頭の中で組み合わせてみて、これは面白いかもしれないと思ったらすぐに実験で確かめてみるようなことを遊び感覚でやり続けてきました。
 大きくなったら科学者になりたいと思っていましたので、中学に入学する前だったと思いますが、たまたま本屋さんで『科学者になる人のために』という本を見つけ、すぐに買いました。ワクワクしながらページをめくったら、最初に書いてあった「あなたは大学院に行かなければならない」というようなことが目に飛び込んできました。大学院というものの退屈な説明が続き(修士課程とか博士課程とかの説明)、子供ではありましたが、将来は大学院に行くんだなとおぼろげながら思うことになりました。
 確か、「キャルヴィン博士も大学院の博士課程で人工頭脳学(サイバネティックス)分野の博士号を取得したのだったな」と思い出すきっかけにもなりました。