メニュー
おすすめコラム

2019年8月8日第7回 企業のビジネスにおけるAIの活用事例

【中小企業向け】Windows 10 アップグレード 。2019年でもまだ間に合う!

みなさんは、ディープラーニングやシンギュラリティといったAIに関する言葉を耳にしたことは無いでしょうか。近年、AIを用いた製品やサービスの開発速度は目覚ましく、スマホの音声アシスタントや、スマートスピーカーなど、身近な製品にも利用されるケースが増えてきました。
AIは様々な分野に活用可能で、普段は気付かないところでも皆さんの生活に浸透してきています。今回は既に身近な技術となっているAIの活用事例について紹介します。

防犯・監視システム

防犯用の監視システムもAIの活用が進む事例の一つです。
防犯システムとしては、従来から監視カメラが広く活用されてきました。店舗や個人宅のほか、繁華街の街頭、道路上を走行する自動車用など多様な場所に設置が進められており、国内の監視カメラの設置数は500万台近くに上ると推計されています。
監視カメラがあれば、何らかの事件や事故の発生時に正確な状況を把握できるほか、カメラが設置されていると認知されるだけでも防犯効果が期待できます。しかしながらこれらのカメラを常時監視する事は現実的ではありません。
AI用いた画像解析機能と監視カメラを組み合わせたシステムであれば、動画を解析しリアルタイムにアラートを通知し、迅速な対応を図ることが可能となります。
このようなシステムであれば、事件や事故に対して即応態勢が整えられるほか、店舗内での顧客の動線を把握してマーケティングに活用するなど、より積極的な活用も可能です。

密漁監視システム

AIを用いた監視システムとしてNECフィールディングによる密漁監視システムの例を紹介します。
このシステムでは、サーマル(赤外線感知)カメラを用いて、昼夜問わず画像を取得し、AIでリアルタイムに解析を実施することで不審船の侵入や活動を感知します。運用は、NECフィールディングの監視センターで行うため、24時間365日のサービスが安定してうけられます。

密漁監視システムに関する詳細はこちら
https://solution.fielding.co.jp/service/solution_search_3/smuggling_monitoring/

密漁監視システムの事例はこちら
https://www.fielding.co.jp/jirei/137.html

製造ラインの監視

遠隔地から業務の監視目的でシステムが用いられている事例もあります。
監視カメラのほか、IoT技術により設備の稼働状態や、エネルギー消費量などを取得し、AIによりデータ解析を行うことで工場などの生産状況を自動的に解析する事が可能です。

AIを活用した生産工程の見える化

製造ラインの監視の実例としては食品製造向けソリューションがあります。
例えば、既存のラインに監視カメラを設置し、食品の色や数、形を自動判別させることで、食品の良品、不良品の判別や生産速度の監視などが行えます。

AIを活用した生産工程の見える化はこちら
https://solution.fielding.co.jp/food/ai/

チャットボット

チャットボットとは、文章や音声データの内容を認識して自然な会話を行うシステムです。定型化した問合せへの対応が多いカスタマサービスの分野では、チャットボットを用いて自動化するソリューションが実用化されています。

故障診断チャットボット

NECフィールディングの故障診断チャットボットも同様の技術を用いたサービスの一つです。カスタマが、Webを通じて機器故障の症状についての質問に答えると、必要な対処方法が判ります。AIによる自動応答サービスのため、24時間即応体制でのサービスが受けられます。

NECフィールディング「故障診断チャットボット」の開始について
https://www.fielding.co.jp/topics/2019/07/20190703.html

まとめ

今回紹介したように、AIによるサービスが次々と実用化されています。24時間不休のサービス体制や大量の監視システムの情報解析など、人手だけでは実現できなかった業務もAIを活用する事で実現可能となりつつかります。このような事例を参考に、自社の業務へのAIサービス導入を検討されてみてはいかがでしょうか?

NECフィールディングへのお問い合わせはこちらから

Copyright © NEC Fielding, Ltd, 2019. All rights reserved.