メニュー
おすすめコラム

2018年10月10日第8回 『虹彩認証』

瞳の情報で個人を識別

 本人確認── 高度に複雑化した社会では、個人が活動するために必須の確認作業である。しかし、これが意外に難しい。日本のリアル社会では、運転免許証やパスポートの顔写真と持参した人を見比べて「本人確認した」ことにしているが、いかにも抜け穴だらけである。ネットワークやパソコンの利用、あるいは重要な作業場所や施設への入室などの場合は、もっと厳重な本人確認作業が必要である。
 そこで、確実な本人確認手段として注目されているのが「目」を対象にした「虹彩認証」である。虹彩は、黒目の内側にある瞳孔の周りのドーナツ状の部分。虹彩は複雑で、各人がそれぞれ固有のパターンを持ち、生涯不変とされている。角膜に覆われているので損傷しにくいのも特徴だ。
 まず、「本人確認」の歴史を振り返ってみる。
 なじみ深いのは「パスワード」。文字や数字を組み合わせたものだが、その安全性はかなり揺らいできた。詐欺的手法やサイバー攻撃、人為的原因などによって、パスワードの情報が流出しているのである。
 パスワードの弱点を補完して利用されているのが、「虹彩認証」を含む「生体認証」である。
「生体認証」は人間の「身体的特徴」や「行動的特徴」の情報を用いて行う。個人個人で特有のパターンがあって、特に「身体的特徴」は生涯不変とされる。「虹彩認証」のほかに、「指紋」「掌紋」「顔」「声紋」「指紋静脈」「掌紋静脈」などがあって、すでにいろいろな形で製品やサービスが実用化されている。
 とりわけ急浮上中なのが「虹彩認証」である。

 虹彩認証

 数年前から海外の主要空港の入管手続きで、視力検査のような装置をのぞくように指示されるようになった。虹彩を撮影して登録している。指紋や顔認証より本人識別が正確だとして採用されたようだ。入国管理は、顔写真の観察に加え、虹彩のチェックで補完され、厳格になる。国連の専門機関である国際民間航空機関(ICAO)も虹彩認証を将来のパスポートの生体認証の国際標準の一つと認めている。
 実は専門的な施設ではすでに定着している。機密性の高い研究所や情報センターなどでは、ドアの前に虹彩認証の装置を設けているのを見かける。いまや、専門的な施設の出入りのチェックから、さらに国際空港などの公共の場にまで虹彩認証が広がろうとしている。

(Illustration : Saho Ogirima)

 虹彩認証が他の生体認証技術より注目されるのは、①高精度・高速で利用でき、各種生体認証のなかでは精度がトップクラス、②右目・左目で異なるので、それぞれの目で認証できる、③双子も識別できる、④帽子・マスク・眼鏡・手袋着用でも目を露出していれば利用できる、④赤外線カメラを使って夜間や暗い場所でも認証できる、⑤装置に接触しなくてよいので衛生的、などの特色があるからだ。
 情報機器のセキュリティとして、一部のパソコンやスマホのユーザー確認にも利用され始めており、その正確さ、簡便さから、虹彩認証は本人確認の本命になるかもしれない。

文=中島 洋[Nakajima Hiroshi]

株式会社MM総研 代表取締役所長
1947年生まれ。日本経済新聞社でハイテク分野などを担当。日経マグロウヒル社(現・日経BP社)では『日経コンピュータ』『日経パソコン』の創刊に関わる。2003年、MM総研の代表取締役所長に就任。

Copyright © NEC Fielding, Ltd, 2019. All rights reserved.