メニュー

2020年9月14日Windows 10 のアップデートに失敗!原因と解決方法を解説

Windows 10 のアップデートに失敗!原因と解決方法を解説

Windows 10 でWindows Updateに失敗すると更新プログラムが適用されず、パソコンが脆弱性などの脅威にさらされるリスクが生じます。今回は、Windows更新プログラムが失敗したらぜひチェックしていただきたい、原因と解決方法を解説します。

Windows Update失敗の原因~Microsoft推奨の解決方法~

更新の適用に失敗する場合は、まずはこれらの原因に該当するものがないか確認してみましょう。

  • ・ログイン中のアカウントに管理者権限がない
  • ・システムドライブの空き容量が不足している
  • ・更新プログラムのインストール後に再起動していない
  • ・未インストールの更新プログラムが残っている
  • ・外付けのハードウエアが邪魔している
  • ・サードパーティ製ハードウエアのドライバーが最新でない
  • ・デバイスにエラーがある

Microsoftが各項目のトラブルシューティングを下記のウェブページで紹介しています。参考にしてください。

参考サイト:
Windows 10 の更新に関する問題のトラブルシューティング

それでもWindows Updateに失敗する場合の解決方法

Microsoft®が公開している原因に当てはまるものがない、あるいは解決策を試しても改善されない場合は、そのほかの対処方法で解決するか確認してみましょう。

Windows Updateのトラブルシューティングを実行する

ここで紹介するのは、「Windows Updateデータベースの破損」というエラーが表示される場合の解決方法です。Windows 7や8ではMicrosoftが提供するトラブルシューティングツールのダウンロードが必要でしたが、10からはOSにWindows Updateの修復ツールが組み込まれました。

  • ①「設定」→「更新とセキュリティ」→「トラブルシューティング」→「起動して稼働中」の中から「Windows Update」を選択→「トラブルシューティング ツールの実行」をクリック
  • ②診断結果で「保留中の更新プログラムのダウンロードとインストール」が表示されたら、「この修正を適用します」を選択
  • ③次の画面で「トラブルシューティングが完了しました」と表示され、「保留中の更新プログラムの確認」のステータスが「解決済み」になれば、「トラブルシューティング ツールを終了する」か「閉じる」で終了
  • ④「設定」→「更新とセキュリティ」→「更新プログラムのチェック」からWindows Updateを再実行

「サービス」でWindows Updateを有効にする

更新プログラムが失敗するもう一つの理由が、「サービス」でWindows Updateが「停止」または「無効」になっているケースです。

  • ①Windowsキーの右クリックで「ファイル名を指定して実行」を選択し、「services.msc」と入力して「OK」を押す
  • ②サービスの一覧から「Windows Update」をダブルクリックして、プロパティを表示
  • ③サービスの状態が「停止」になっていたら、「開始」をクリック
  • ④スタートアップの種類が「無効」になっていたら「自動」に変更して、「適用」→「OK」の順にクリック

失敗した更新プログラムをアンインストールする

特定の更新プログラムだけが失敗する場合の解決策も紹介します。

  • ①「設定」→「更新とセキュリティ」→「Windows Update」の「更新の履歴を表示する」の順にクリック
  • ②「更新の履歴」でインストールに失敗した更新プログラムの番号(KB◯◯◯◯◯◯◯)をメモする
  • ③「更新の履歴を表示する」画面の最上部に戻り「更新プログラムをアンインストールする」を選択
  • ④「更新プログラムのアンインストール」画面で、②でメモした更新プログラムの番号からアンインストールする更新プログラムを探して、「アンインストール」をクリック
    ※アンインストールできない更新プログラムは「アンインストール」が選択できません。
  • ⑤更新プログラムのアンインストールが完了して再起動を要求されたら、パソコンを再起動

更新中にエラーコード「0x800f0922」が表示される

このエラーコードが表示された場合も、まずはWindows Updateのトラブルシューティングを実行してみてください。それでも解決されない場合は、そのほかの原因が考えられます。下記に当てはまるものがあるか、確認してみてください。

  • ①VPNに接続中の場合は、VPNを切断
  • ②「.NET Framework」が無効になっている可能性がある
    「コントロールパネル」→「プログラム」→「プログラムと機能」から「Windowsの機能の有効化または無効化」を選択→「.NET Framework」が無効になっていたら、チェックを入れて有効にして「OK」で閉じる
  • ③DISMでシステムイメージ(ISOファイル)を修復する
    管理者権限でWindows PowerShellを起動して「DISM.EXE /online /cleanup-image /restorehealth」を実行
  • ④SFC(システムファイルチェッカー)でシステムファイルを修復する
    管理者権限で起動中のWindows PowerShellで「sfc /scannow」を実行

③と④の手順については、以下の記事で解説しています。

参考サイト:
Windows 10のDISMとは?利用場面や使い方を解説

更新中にエラーコード「0x80240fff」が表示される

Windows 10 のリカバリー後やSSD換装後に、OSが工場出荷状態に戻ることが主な原因で起こるエラーです。いずれのケースもサポートが終了した古いWindows 10のバージョンに戻るため、「設定」→「更新とセキュリティ」→「更新プログラムのチェック」での更新プログラムの配布が終了しています。

以下の手順でWindows 10 を手動アップデートすると解決できます。

①下記ページよりWindows 10をダウンロードして手動アップデート

参考サイト:
Windows 10 のダウンロード

②アップデートが完了したら、「設定」→「更新とセキュリティ」→「更新プログラムのチェック」からWindows Updateを再実行

まとめ

Windows 10の更新プログラムのインストールに失敗する原因はさまざまです。解決策も初歩的なものから、専門的な知識や技術が必要とされるものまで多岐に渡ります。今回の記事で紹介した手順でも解消されない場合は、Microsoftのサポートかパソコンのメーカーのサポート窓口に相談してみましょう。

お客さまのさまざまな課題を解決してきた
NECフィールディングまでご相談ください。

具体的な検討段階でなくても構いません。
お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ

Copyright © NEC Fielding, Ltd, 2020. All rights reserved.